福山赤坂ロータリークラブ

事務局へのお問い合わせ

クラブ運営方針

RIテーマ

RI第2710地区ガバナー信条及び運営重点方針と目標

地区ガバナー信条
「輝こうロータリー ふたたび!」

地区基本的目標
「仲間を増やそう、全てはそこから始まる」

地区運営重点方針
①藤中年度に継続して2016年規定審議会で決定事項の各クラブへの深化と情報収集

②クラブの活性化を支援し、新クラブを設立し、会員増強する(特に女性・若人)

③がん予防の普及推進とモニタリング

④ロータリー財団への寄付と補助金の積極的な活用

⑤好ましい公共イメージを推進し、地区のスポークスマンとなる

⑥地区戦略委員会とクラブ戦略委員会との連携・協力

⑦米山記念奨学会事業の理解と支援

⑧インターアクトクラブ、ローターアクトクラブ、RYLA、青少年交換の増強・支援

⑨IT、SNSの活用促進

地区目標

①会員増強(会員数51名以上のクラブ2名以上 50名以下のクラブ1名以上の純増)

②RI会長賞へのチャレンジ

③ロータリー財団への支援
・ポリオプラスへの支援 35ドル/1人 以上
・年次基金 150ドル/1人 以上
・恒久基金 ベネファクター1人以上/クラブまたは1,000ドル以上/クラブ
・ロータリーカードの理解と普及

④米山記念奨学会支援 16,000円/1人 以上

⑤RI人頭分担金 64ドル/1人

⑥地区関係負担金 26,400円/1人

2018-2019年度
福山赤坂ロータリークラブ運営方針

「時代の潮流となろう!」

◇時代にマッチした、奉仕活動を研究・実践し、地域社会へ貢献する。

◇親睦と奉仕の両輪をバランスよく、会員の更なる活動意欲を高める。

◇家族や友人・知人の例会参加の機会を増やし、元気ある例会運営を行う。

◇地区大会、IMを始めとする各種事業への積極的な参加とクラブ間交流を図る。

◇IT・SNSの活用と推進を行う。

2018-2019年度
福山赤坂ロータリークラブ目標及び活動計画

◇会員増強・会員維持 純増3名以上

◇ロータリー財団支援、米山記念奨学会支援の地区目標達成 地区負担金の納入

◇継続事業
・薬物乱用防止啓発活動
・JR備後赤坂駅前花壇の美化管理
・小学生ゴルフ競技会への協力
・「第10回記念善行児童生徒表彰」の創意工夫
・東京赤坂ロータリークラブとの交流

◇新規事業
・「長期戦略計画委員会」の設置と計画立案
・地区補助金の申請
・入会5年未満会員への、研修セミナーの検討と実践

◇例会運営
・「第1000回記念例会及び創立記念例会」の創意工夫
・出席率向上への創意工夫
・家族例会を含む親睦例会の充実
・友人・知人が参加可能なオープン例会の模索と実施

◇同好会
・各同好会を通じて会員と、その家族も含めた相互の親睦
・新たなる同好会の設立及び他クラブとの交流会の検討と実践