福山赤坂ロータリークラブ

事務局へのお問い合わせ

クラブ運営方針

RIテーマ

RI第2710地区ガバナー信条及び運営重点方針と目標

1.信条「みんなのためになるかどうか。未来のためになるかどうか。」
~多様性を受け入れ、相互理解を深めよう!!~

2.地区重点運営方針
・クラブ運営の積極的支援:クラブに今以上に役立つ「地区」になるために、現在の運営内容
 (地区委員会の在り方、行事の在り方、組織)等を見直す
・会員基盤の強化:会員数の増加と会員数の維持、退会防止策の検討
・クラブのDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進支援:ZOOMなどを活用し、例会や会議などの対応力強化
・ロータリー奉仕デー推進支援、他団体との連携
・ロータリークラブとローターアクトクラブ間の協力強化
  ・ダイバーシティの理解を深める卓話の実施

地区目標

1.会員数維持、退会防止(each one, bring one)
会員増強(会員数51名以上の2名以上の純増、会員数50名以下は1名以上の純増)

2.ロータリー賞へのチャレンジ(クラブ・セントラル25項目中13項目達成で受賞)
クラブ・セントラルへの目標入力およびその報告の推進

3.ロータリー財団支援
・ポリオプラス基金  35ドル以上/人
・年次基金  150ドル以上/人
・垣久基金  ベネファクター1名以上/クラブ、又は1,000ドル以上/クラブ
・ロータリーカードの理解と普及
・補助金プロジェクトの推進

4.RI人頭分担金  69ドル

5.米山記念奨学会支援  16,000円以上/人

6.マイロータリー登録者 60%以上/クラブ(月信で登録状況報告)

2021-2022年度
福山赤坂ロータリークラブ運営方針

「NEXT 5 赤坂らしくロータリーを楽しもう」

◇福山赤坂ロータリークラブの会員として奉仕活動の推進、地域と連携した奉仕活動の推進
◇例会が懇親・学びの場となるよう、活気があり充実したものとなるよう工夫する
◇定期的に委員会を開催し、事業を充実させ会員同士の親睦を深める
◇地区大会、IMを始めとする各種事業への積極的な参加
◇創立25周年を通じて歴史を再認識し今後の活動に活かしていく

2021-2022年度
福山赤坂ロータリークラブ目標及び活動計画

◇会員増強・会員維持  純増3名以上 退会防止
◇ロータリー財団支援、米山記念奨学会支援の地区目標達成 地区負担金の納入
◇継続事業 ・薬物乱用防止啓発活動
 ・JR備後赤坂駅前花壇の美化管理
 ・小学生ゴルフ競技会への協力
 ・地区内善行児童生徒表彰
 ・アクティブシニア運転講習IN赤坂
 ・東京赤坂ロータリークラブとの交流

◇新規事業
 ・「戦略計画委員会」の設置。次の5年に向けて計画立案
 ・25周年記念式典・祝賀会の開催
 ・ロータリー奉仕デーの開催

◇例会運営
 ・DXを活用しリモート・オンライン例会への対応
 ・家族例会、親睦例会の充実
 ・各委員会と連携し活気ある例会を企画・実施

◇同好会
 ・各同好会を通じて会員同士が楽しみ、親睦を深める